ドメインを取得するおすすめレジストラ(ドメイン登録サービス)

ドメインを取得するおすすめレジストラ(ドメイン登録サービス)

ドメインを取得するおすすめレジストラ(ドメイン登録サービス)一覧です。

 

基本的には、レジストラでドメインを登録して、レンタルサーバーを借りて、サーバーのネームサーバーを変更し、サーバーにドメインを設定して運用する流れになります。

 

ドメインとはURL(site-shoshin.comなど)のことで、~com、~net、~jpなどの種類から好きな名前のドメインをレジストラから購入して登録できます。

 

一般的にcomが一番多く使われており、時点でnetやjpが人気となっています。

 

jpドメインはレジストラ(お名前.comなど)によってはWhois情報代行でも自分の名前が表示されますので、初心者の方は注意しましょう。

Whois情報代行とは

Whois情報は、レジストラに登録した自分の名前と住所、電話番号で、代行を設定しない場合はインターネット上に表示されます。※専門サイトで調べると分かる状態

 

それを防止するためにレジストラでWhois情報代行のオプションがあり、ドメインを取得する時もしくは管理画面から設定できます。

 

Whois情報代行の料金は基本的に無料です。

 

なるべくドメインを取得する時にWhois情報代行のオプションが有効になっているか確認してWhois情報代行とセットでドメインを購入した方が良いでしょう。
※レジストラによってはドメインの取得後に設定すると料金が別途かかる場合があります

おすすめレジストラ

お名前.com

 

お名前.com

 

2000年にサービスを開始して現在は登録実績2000万件を突破した国内シェアNo.1のドメイン登録サービスです。

 

国内シェアNo.1ということもあり安心感は抜群で、ドメイン価格もキャンペーンなどによって比較的安いことが多いです。

 

注意点としては、Whois情報代行が有効になっているかの確認、ドメインを購入する時にレンタルサーバーをセットで購入する選択でレンタルサーバーを借りない場合は選択しないようにしましょう。
※Whois情報代行をドメイン取得後に設定すると料金が別途かかります

 

 

ムームードメイン

 

ムームードメイン

 

2004年から運営の現在はドメインお申し込み総数400万件を突破した人気レジストラです。

 

ドメインと専用のレンタルサーバーが連携できて設定が楽になる機能があります。

 

注意点は特に無くて、ドメインの移管時などWhois情報代行を後で設定してもオプション料金はかかりません。※お名前.comはオプション料金あり(ドメイン取得後のみ)

 

まとめ

国内で最も人気のレジストラの紹介でした。初心者の方にはインターネット上で情報の多い人気レジストラを利用するのが無難でしょう。

 

人気レンタルサーバーのエックスサーバーなどは、レンタルサーバーを契約すると無料でドメインを取得できるサービスもあります。